自分が情けない!(母親にガンだと告げられた。)

ネタじゃなく。本当の話です。
昨日の19時過ぎに帰宅し、夕飯を食べながらテレビを見ていたら、突然母が喋りだした。

Sponsored Links

母『はっきり結果出たら言おうと思ってたんやけど、前から病院に行っているのは知ってたやろ?今日、お父さんと一緒に病院に結果を聞きに行ったら、直腸癌やと言われた。』

俺も、母が最近具合が悪いのは知っていた。排便時の痛みと血便で数か月間前に病院に行っていたのは知っていて、なんかの病気なんやろうな~というのは感づいていた。

母も、自分ですぐには死なないと言っていたが、来週の月曜日から金曜日まで週5回×4セットの20回の通院をし、抗がん剤治療と放射線治療を行うらしい。抗がん剤といっても、それほど副作用もなく髪の毛も抜けない程度のものらしい。そして通院の間も普通に仕事もしても良いと言われたみたいだ。

冗談だと思うのだが、笑顔で
『あんまり長生きしたら、〇〇くん(俺)に迷惑かけるやん。〇〇くん(一緒に住んでる甥っ子)が高校を卒業するまでは生きるよ。』

体全身の検査をし、肛門付近以外には転移していないことが分かったので、安心したから出た言葉かもしれない。

病院の先生には、抗がん剤・放射線治療をすれば治る人もいるのだが、手術で腫瘍の除去と、もうひとつは人工肛門になる可能性が高いですと言われたらしい。

Sponsored Links

母の前では涙は見せなかったのだが、母親の心情を考えると『結果が出るまでの不安感・恐怖感』でさぞかし辛かっただろうと思い、体が熱くなり勝手に涙が出てきた。

母は今年の誕生日で66歳になります。今までは病気ひとつせずに健康でした。まさかの出来事でした。

タイトルに書いた通りです!

治療やら薬代にいくらいるのかわかりません!(両親も言いません。癌保険は入っていると思う。)
病院代くらいは自分で出せる両親なので、とくに支援してくれなども言われないのだが、これが仮に貧乏だった場合のことを考えると、自分が情けなくてたまりません!

自分が借金持ちであるがために、両親を早死にさせてしまう可能性もありました。支援を受けなくても自分で払ってくれる両親に感謝の気持ちしかありません!

この前、逃げ道として捨て銭で馬券を購入すると書きましたが、ほんまアホみたいなことを書いたと思います。

母親のガンの宣告が、僕の人生を変えてくれそうな気がします。変わらないといけないのだと思います。

終わり。(また変化があれば報告いたします。)

いつも応援ありがとうございます。応援ポチ宜しくお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ

17 Replies to “自分が情けない!(母親にガンだと告げられた。)”

  1. 手術せんで治るとええなぁ。
    やっぱ人工肛門やとまたあと大変やからね。
    とはいえ命あっての物種、どんな形でもまず寛解することを祈ってます。

  2. すぺさん、こんにちは。

    重ねてお見舞い申し上げます。
    出来るだけ良い状態になられるように願っています。

    真面目な話し、ガン保険も大切ですね。
    治療に専念するためにも。

    人生の大きな転機。
    頑張って下さいね。

  3. hanaさん。ありがとうございます。たしかにその気にならんとダメやわ。

    まゆさん。ありがとうございます。お互いに健康には気をつけましょう。

    サクラ さん。たぶん保険入ってたと思う。また確認してみるわ。

    脱出ママ さん。そやなぁ~真面目に生きるよ。簡単な事なんやけどね。

  4. 時々ブログ拝見させていただいてます。私も同じく任意整理中です。
    大変だと思いますが、すぺさんも体に気をつけてください。

  5. すぺちゃん、少しでも優しい言葉かければいいと思います!!

    笑顔と優しい言葉で充分親孝行ですよ。

    負けずにいつも通り楽観的に生きてって下さい。

  6. ଘ*⑅┈◌˳⚛˚⌖┈ ⚓︎ ┈◌˳⚛˚⌖┈⑅*ଓ

    すぺ氏、こんばんゎぁ(>__<)

    ଘ*⑅┈◌˳⚛˚⌖┈ ⚓︎ ┈◌˳⚛˚⌖┈⑅*ଓ

  7. スペちゃんお久。

    お母さん大切に。金がなくても親孝行はできるよ。つーかね、自分の子供の幸せが親の最大の喜びだよ。お母さんの為にしっかりスペちゃんが幸せになりな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください