平成26年1月・・・任意整理による借金返済を始めました。

任意整理による、借金総額700万返済ブログ(第2章)

雑記

最低賃金の引き上げが10月より実施される。18円増では貧困はなくならない!

投稿日:

無題

マイナンバー制度が始まるのと同時に、最低賃金の引き上げが各都道府県で実施される。

平成27年度地域別最低賃金改定状況

Sponsored Links

昨年より平均18円の引き上げだ。8時間労働に換算すると1日当たり18円×8H=144円の増となり、月20日働いた場合144円×20日=2880円の増となる。

この約3000円程度の賃金アップで貧乏人の暮らしは楽になるのだろうか?

僕の場合は今の会社に勤めだして12年目になるのだが、基本給は12年前と同じであり、現場代理人手当・監理(主任)技術者手当を月2万円もらっていたのだが、その手当も9年程前からなくなった。2万は大きい、、、orz

ボーナスという言葉は存在しないに等しく、寸志すらもない状態なので、寸志でももらえる人を羨ましく思う時がある。

毎月少しずつお金を貯めていきなさい。 そうすれば年末にはびっくりすることでしょう。あまりの少なさに。(アーネスト・ハスキンズ

そう!18円時給が上がった程度では何も改善されない!月3000円×12ヶ月=36000円だが、18円上がって喜ぶ人は極限の貧困生活をしている人だけだと思う!1日144円上がるけど、その144円で貧困・超貧困から脱出できると思う?

逆に18円下がったとしても暮らしには影響ない数字だと思う!

お役所が考える数字って机上での数字なわけで、そんな数字は実生活では意味がない!

これは僕の仕事でも言えることなのだが、公共工事は役所が机上で算出した設計金額があり、その金額に対して、業者が入札をし、一番安い札を入れた業者が落札するのが一般的である。(最近は、総合評価方式とか最低落札価格もあるので一番安い金額が落札するとは限らない。)

場所(現場)は違えど同じ工事規模(数量)なら役所がはじき出す設計金額は同じなる!(積算する上で各地方により、材料費・人件費は違うのですべてが同じではない。)

Sponsored Links

作業のし易い運動場のようなとこで作業をしても、作業の難しい断崖絶壁のような所で作業をしても設計数量が同じなら役所から貰えるお金は同じである!

作業環境が良い場合は、当然作業環境が悪い場所に比べ工期も短くて済むので、人件費が少なくなり、会社にお金が残る!

会社にお金が残る(利益が上がる)と言うことは、従業員に給与として反映されることとなり、潤った従業員は街にお金をばらまく(使う)。ばらまかれた街は潤う!

実際の公共工事では何も知らない人間が積算をし、設計金額をはじきだす!今回の賃金値上げなども貧困・貧乏を知らない人間が最低賃金を決めている!

どうなの??コレ??

羽振りのええ大企業と公務員しか潤わんでぇ~18円程度上がっても何も変わらない!

まぁ、塵も積もればと言うことわざもあるので山になり、少しでも多くの貧困層が救われることを期待します。

僕は借金があるけど、貧乏でもなく貧困でもないと思う!裕福ではなくても飯はちゃんと食えたし、修学旅行なんかも行けたし、大学まで卒業させてもらった親には感謝している!

でも、子どもは親を選べないから、貧困な家庭・貧乏な家庭に生まれてきた子ども見ると辛いもんがある!

18円なんか言わんと、もっと即効性のある政策を政府に期待したいものです。

終わり。

超持論やけど、お金をもっともっと刷ってばらまいたらええと思うわ!ハイパーインフレにしたらええと思う!そうしたら借金多くて固定金利で返済してる人は救われるわ!経済は混乱するけど借金持ちは救われる!笑

上記のような政策を期待したら借金病です!是非専門家に相談を!

『匿名で債務の相談が出来ます!』
街角法律相談所

いつも応援ありがとうございます。下記のランキングバナーの応援ポチ宜しく!
にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ

-雑記

Copyright© 任意整理による、借金総額700万返済ブログ(第2章) , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

ツールバーへスキップ