平成26年1月・・・任意整理による借金返済を始めました。

任意整理による、借金総額700万返済ブログ(第2章)

任意整理のこと 任意整理の管理

債権者から電話がありました!近日中に郵便物が届きます・・・

投稿日:

昨日完済させた債権者から本日電話がありました。

完済しました!今までありがとうございました!ご迷惑をかけました債権者様~

担当者 『本日入金が確認できましたので、本社の方から契約関係の書類をお送りします。受け取りになられましたら、書類にサインをし、同封の封筒で郵送してください。切手は封筒に貼っております。』

僕 『わかりました。ご迷惑をお掛けしました。ありがとうございます。』

Sponsored Links

別に書類(完済証明等)は不要なのだが、送って来る気満々なので、郵送してもらうことにしました。

書類が着きましたらまた記事にするつもりです。

最初は3年以内に払ってくれないと和解に応じないと言われました。すべての業者がこちらの和解案に応じる訳ではない!

最初は3年以内(36回払い)じゃないと和解に応じない感じで、しかも36回を超える場合は利息を要求すると強気の債権者でした。

和解合意までに一番時間のかかった債権者でしたが、弁護士さんのお蔭でなんとか48回払いで合意に至りました。

36回払いと48回払いでは毎月の返済額に大きな差が出ます。

48回払い

227万円÷48回=47,291円

36回払い

227万円÷36回=63,055円

差額約1.6万円

今思えば36回払いも可能だったのかも知れませんが、この1万6千円の差って非常に大きな額だと思います。

小口の債権者だと3業者分くらいですもんね。

保証会社がアイフルさんの場合は一括払いしか応じない場合があります。

今回完済したのは地元の銀行のカードローンです。それの保証会社は地元の第2地銀が作った保証会社でした。

Sponsored Links

ですから、その債務を代位弁済してくれた保証会社に返済していました。

この会社も条件的にきつかったのですが、さらにキツイ会社はあります。

それはアイフルさん・・・

これも地元の銀行のカードローンの保証会社で、一括で130万円を返した場合は無利息に応じるけど、分割の場合は利息を要求すると譲りませんでした。

結局、元金128万に対して、完済に至るまで年14.6%の利息を付けて返済することになりました。

和解金額が174万円なので、174万円-128万円=46万円が利息という訳ですね・・・

裁判所を通した特定調停をすれば利息無しで大丈夫だったかも知れませんが、どうなんでしょうね?

すべての債権者がこちらの和解案に応じてくれる訳ではないので、十分注意してくださいね。

まぁ、ほとんどの業者が3年~5年、金額によっては7年とかの任意整理の和解に応じてくれますが、例外もありますので任意整理をする時は気をつけてくださいね。

場合によっては特定調停がお得な場合もありますからね。(ややこしいと思うけどね。)

おわり。

【管理人ゴリ押しです↓】

 

↓絶賛過疎中です!ポチット応援宜しく!

にほんブログ村

-任意整理のこと, 任意整理の管理

Copyright© 任意整理による、借金総額700万返済ブログ(第2章) , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

ツールバーへスキップ