平成26年1月・・・任意整理による借金返済を始めました。

任意整理による、借金総額700万返済ブログ(第2章)

借金について

ワクワク・ドキドキ期待が膨らむ自己破産~

投稿日:

親族、友人等からの借金をぶっちぎる場合は気が引けるのだろうが、普通の金融機関の借金をぶっちぎるのも気が引けるのだろうか~

法治国家の日本が認めた法律なので、認められた人はそれでええと思う。

自己破産したことないから、どんな気分になるかわからんけど、、、テンション下がるんかなぁ~

辛いんかなぁ~?

任意整理を選んだ人達から見れば、一銭も債権者に払わんでええから楽やと思うけど、どうなんでしょう?

自力返済をしてる人達から任意整理で返済している人達をを見ると、多分楽してるんやろうなぁ~と思っている人が多いはずだ。

たしかに楽だと思う。一般的な任意整理の和解条件は、『元金を無利息で長期返済』となり、その月に払ったお金のすべてが元金返済となり確実に借金額が減少していく。

Sponsored Links

債務整理の4本柱をすべて経験したことのある人はいるのだろうか?

自己破産、民事再生(個人再生)、任意整理(過払い金請求)、特定調停、、、。

僕は民事再生を経験している。以前勤めてた会社が民事再生をした。民事再生をしたことでボーナスが出なくなり、給与も上がらないだろうと予想したので会社を退職した。

そして地元に帰り地元で再就職して、現在に至っている。

今でも、その民事再生をした会社の元同僚と連絡をしてるのだが、今は普通にボーナスも出ていると聞いた。

個人再生の場合は、概ね借金額が五分の一に圧縮されて、その圧縮された借金を3年から5年で返すのが一般的だが、会社の民事再生の場合は、たしか5%程度まで圧縮される。

100億円の負債の場合は、5億円を債権者に返せば良いというわけだ。

忘れもしない、、平成〇〇年〇月〇日、現場事務所に一通のファックスが・・

会社にとって重大なことが起きました。全社員、本日17時に〇〇ホテル〇Fの会議室に集合してください。

代表取締役社長 〇〇〇〇

行くと管財人の弁護士が数人いて、民事再生の説明をしていた。マスコミ対策・下請け業者対策などの説明を受け、社長の話が始まった!

Sponsored Links

社長からは、これからの仕事のこと、下請けへの支払い・説明、今後の従業員の給与のことなどの説明を受けたのだが、一部の従業員からは罵声も飛んでいた。(お前がだらしないから、こうなるんやぁー的な。)

この民事再生も変な法律で、申請日以前に発生している支払いについては支払い義務はなくなり、申請後に発生した支払いについては支払い義務がある。(払わなかったら仕事をしてくれないので当然といえば当然。申請日以前に発生した支払いは圧縮(減額)されて民事再生計画が裁判所で認められたら支払いが開始される。)

この民事再生騒動の前から、社員の中・下請け会社の中では噂はあったのだが、まさかの事態にビックリしたのを今でも鮮明に覚えている。

最後なるが、間接的に民事再生を経験し、過払い金請求も経験、特定調停は任意整理と親戚なので、残すは自己破産だけが未経験となった。

もう健康でさえいれば自己破産はないと思うのだが、この任意整理を成功させないと今まで払って来たお金が無駄金になるので是非成功させたいと思った金曜日であった!(でも究極の債務整理って、やっぱ自己破産やわ!払わんでええんやからね。笑)

おわり。(明日は給料日っす。)

【借金匿名無料相談】←終わらない借金にピリオドを!
街角法律相談所

【アヴァンスレディース】←女性専門です。
アヴァンスレディース

いつも応援ありがとうございます。下記のランキングバナーをポチっと応援宜しく!
にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ

-借金について

Copyright© 任意整理による、借金総額700万返済ブログ(第2章) , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

ツールバーへスキップ