平成26年1月・・・任意整理による借金返済を始めました。

任意整理による、借金総額700万返済ブログ(第2章)

雑記

貧困スパイラルから抜け出せない!所得格差が引き起こす教育格差

投稿日:

文部科学省は1日、年間約54万円の国立大学授業料について、2031年度には93万円程度に上がるという試算を示した。

文部科学省は1日、年間約54万円の国立大学授業料について、2031年度には93万円程度に上がるという試算を示した。大学の収入の核となる国の運営費交付金が大幅に減らされる可能性があり、大学が減らなければ、授業料で減収分を賄う必要性があるという。

財務省は、全86国立大学の収入の3~4割を占める運営費交付金約1兆1千億円を31年度までに約9800億円にする方針だ。この日の衆議院文部科学委員会の閉会中審査で、畑野君枝委員(共産)が、減収となった際の対応を尋ねた。

文科省の常盤豊・高等教育局長は「授業料で賄うとして試算すると(31年度には)約93万円。年間2万5千円の値上げが必要」と答えた。馳浩文科相は「学生になるべく教育費負担をかけないようにする必要がある」として、来年度予算で交付金の額を充実する考えを示した。

国立大授業料、54万円が93万円に 2031年度試算

貧乏でも頑張れそうなのが国公立大学!頭が良くて勉強の出来るお利口さんには、勉強の出来る場所を与えてあげましょう!

Sponsored Links


大学の収入の核となる国の運営費交付金が大幅に減らされる可能性があり、大学が減らなければ、授業料で減収分を賄う必要性があるという。

減らせばええやん!!少子高齢化で今から約15年後の2031年にはさらに18歳人口は減少してるはずだ!

偏差値30とか40の私立大学っているのだろうか???笑

そんなに低い偏差値の大学に入学してくる学生たちは、ほんとうに勉強するのだろうか?

少子化の大きな原因のひとつが教育費だと思う!

それなのに、、、2013年度には約倍の93万円程までに年間授業料が上がる!!国公立が上がるのだからそれに便乗して私立も上がることが予想出来るし、当然上がると思う!

これではますます少子化が進み、裕福な家庭しか子どもを二人、三人と大学に通わすことが出来なくなる。

まさに『教育貧困スパイラル!』

子どもの教育費に費やす金額が大きくなればなるほど、老後の資産に余裕がなくなり、挙句の果ては老後破産の危機が待っている!

お金が足りない、、やり繰り出来ない、、、工面出来ない、、、。

そうなると教育ローンで借りたり、通らない人はフリーローンで高金利の融資を受けるかも知れない!(フリーローンで借りるなら奨学金で借りるかな?)

まあなんにせよ、働き盛りで収入も多い30代後半から40代後半にかけて子供を大学に通わすこととなる!

Sponsored Links

その夫婦生活で一番お金が入る大事な時に、教育費により生活はカツカツ、、、当然余裕など生まれないので老後の蓄えも出来ないのが普通だと思う。

優秀な子どもが入学しやすい大学から、家庭が裕福でないと入学出来ない時代か??

なんか変だよ!『美しい国、日本』

『活力とチャンスと優しさに満ちあふれ、自律の精神を大事にする、世界に開かれた、「美しい国、日本」』

このままでは、『富裕層にだけ活力とチャンスを与え、富裕層の自立の精神を大事にし、世界に誇れない、「富裕層にだけ美しい国、日本」』になっちゃうよ~

15年後に授業料増加に見合う所得増に持っていけるのか?

稼いでない人は、それなりの努力をしていないという考え方もあるのだが、子どもは親を選べないので、稼いでいない両親から生まれてくる子どもにも、勉強の出来る環境(大学進学)のチャンスを与えるのが政治だと思う。

最後に、、管理人は大学に行って英語、ドイツ語、中国語、わけわからん数学、わけわからん物理、わけわからん建設材料学、わけかわからん構造力学、わけわからん交通工学、わけわからん橋梁工学、、、海洋工学、、、いろいろ勉強して、教授が書いた本を強制的に買わされ勉強し、卒業した学科に見合った職業に就いたけど、全然役に立ってません!

挙句の果てに、『任意整理で787万円返済中』です!笑

『死んでも忘れたらアカン公式なんか、いまだに仕事で使ったことがありません!』笑

結局、学生時代はわけわからんことでも考え悩むことが大事であり、わけわからんことを勉強したことが他の場面で活かされることが多い。なので、わけわからんことで悩みましょう!

おわり。

【借金匿名無料相談】←終わらない借金にピリオドを!
街角法律相談所

【アヴァンスレディース】←女性専門です。
アヴァンスレディース

いつも応援ありがとうございます。下記のランキングバナーをポチっと応援宜しく!
にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ

-雑記

Copyright© 任意整理による、借金総額700万返済ブログ(第2章) , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

ツールバーへスキップ