平成26年1月・・・任意整理による借金返済を始めました。

任意整理による、借金総額700万返済ブログ(第2章)

給与明細公開 雑記

ボーナス100万円超えるん?『はい。軽く超えますね~』 古巣の会社の同僚の給与 

投稿日:

今日の夕方、昔の同僚に久しぶりに電話してみた。

なぜ電話したのかと言うと、以前の会社のホームページのリクルート欄に『賞与年1回 6ヶ月分』と書かれていたからだ。

僕がソコの会社に在籍していた頃は景気も悪く、会社が民事再生で再建をしなければダメなほど深刻な経営状態だった。

Sponsored Links

あれからもう十数年・・・

古巣の会社の同僚の給与事は?

同じ地域、同じ業種、同じ年代でも大きな差が!悲しすぎるボーナス格差!

Y君は同じ歳なのだが、一浪して地元の国立大学に入学し、6年かかってその大学を卒業したので、僕より3年遅くこの会社に入社しました。

口数少なく、向こうからは話題を振っては来ない感じの同僚で、そんなに馬が合う感じでもありませんでした。

僕 『Y君 久しぶり~まだあの現場にいるの?』

Y君 『ずっとダムの管理用道路の現場ですわ。』

僕 『山の中でノンビリ仕事する方が楽でええやろ?』

Y君 『楽は楽ですけど暇ですね・・・』

僕 『会社の具合どんな?ホームページで賞与の条件出てたけど、アレってマジなん?』

Y君 『どんな条件でした?』

僕 『賞与年1回 6ヶ月分』

Y君 『だいたいそんな感じですね・・・』

僕 『それって1回だけやけど軽く100万円超えるんと違う?』

Y君 『軽く超えますね~でも、1回だけですからね・・・』

僕 『僕がおった末期は、ほぼ無いに等しいボーナスやったけど、いつから普通にボーナス出る様になったん?』

Y君 『民事再生の計画が裁判所で認められた直ぐ後から徐々に増えていきましたよ。』

僕 『それって、僕が辞めた直ぐ後やん、、、Orz』

Sponsored Links

そんな感じで昔の同僚のボーナス事情を聴きだしたのだが、年一回ではあるのだが、基本給の6ヶ月分という額に恐れをなしました。

こちとらボーナスの無い年の方が多かったのに、同じ年齢、同じ地域、同じ職種でこの格差。(会社の規模は違うけどね。)

今の会社は派閥も無く、自由気ままに仕事は出来るのだが、このボーナスの差を目の当たりにすると、悲しく涙が止まらなくなりました・・・

こんなに差が出るのなら、多少のストレス位は我慢できるなっていう感じですね。

あの時に選択した辞めることが、十数年後にここまでボーナス格差を生み出すとは・・・

辞める辞めないの選択って難しいですよね。

古巣の会社を辞めた後悔は無いけど、今の会社に入ったことの後悔はボーナスの時期になると年々込み上げてきます。

そんな後悔を感じるのも後1年の辛抱だと思い、今は消化試合の様な任意整理での返済を真面目に続けるのみです!

完済後、私の道は開けるだろう~そう勝手に思い込みます。

おわり。

【管理人ゴリ押しです↓】

↓絶賛過疎中です!ポチット応援宜しく!

にほんブログ村

-給与明細公開, 雑記

Copyright© 任意整理による、借金総額700万返済ブログ(第2章) , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

ツールバーへスキップ