平成26年1月・・・任意整理による借金返済を始めました。

任意整理による、借金総額700万返済ブログ(第2章)

多重債務から任意整理までの道のり

弁護士に相談して楽になった!

投稿日:

僕は終わりました、、、。 からの続きです。

借金問題を一人で抱え込むのは非常に辛い!

平成26年1月4日に弁護士事務所に無料相談に行った。もうその日のうちに個人再生を頼もうと思い、即委任してもらえる様に数万のお金・印鑑・借入先の情報・過去数年分の給与明細などを準備していた。

Sponsored Links

アンケートに答え、債務情報などを提供した後に債務整理の方法の説明をされる!

まずは任意整理の説明を受けた。任意整理とは裁判所を通さないで直接債務者と債権者が話し合いをし、和解を結ぶという債務整理の方法だ。基本的に、和解案として弁護士会の方針では、和解合意までの遅延損害金・将来の利息はカットが一般的である。(なかには弁護士会の和解条件で和解してくれない業者もあります。)

任意整理の説明が終わると自己破産の説明を受けた。自己破産とは、借金が法的になくなるが、高価な財産が処分され、手続き中は一定の職業に就くことが制限されている。そして官報に掲載されるなどの簡単な説明を受けた。

最後に個人再生の説明があり、個人再生法とは、債務の5分の1程度を支払う必要があり、住宅ローンは減額されない。財産は処分されないが評価額全額を支払う必要がある。そして自己破産と違い資格制限がない。

もう少し詳しく説明を受けたのだが、要点的にはこう言ったところだ。

弁護士が僕の債務の状況・収入・生活環境を総合的に判断し出した答えは任意整理だった!

相談に行く前から自分では債務が5分の1になる方法の個人再生法で再生するつもりだったので、任意整理が私の判断では一番良いと思いますと言われた時にはショックが大きかったのを覚えている。

720万の5分の1は144万(個人再生)、720万全額が任意整理

差額576万、さすがに576万は大きいので二つ返事で『はいはい』と了解は出来なかった。

弁護士さん『今現在の生活環境、収入からして毎月13万円前後の返済をすれば5年で借金は終わります。過去の給与の平均を計算すると手取りで30万前後あります。そして今行った生活費の聞き取りでも、それほどお金を必要としない結果が出ています。一番良い方法は任意整理だと思います。』

Sponsored Links

僕『個人再生は絶対無理ですかね?任意整理だと全然今までと変わらない返済額なんですが?』

弁護士さん『今までも滞納なく払えてきたのでしょう?手取り30万の給料から13万引かれても17万円残ります。債権者が個人再生を認めても裁判所の方で蹴られる可能性が大だと思います。』

俺『一か八か個人再生を申請してダメなら任意整理という方法もダメですかね?』

弁護士さん『個人再生は着手金が40万程度必要となりますし、その結果が出るまでの時間も大分かかります。蹴られた場合はそれまでの遅延損害金などが大きくなるので任意整理で和解するのも難しくなりますよ。』

俺『そうですか、、、。わかりました。任意整理でお願いします!』

文章にすると短いのだが、夕方17時前から19時過ぎまでは相談したと思います。その相談中にも電話で他の弁護士の意見も聞いてくれたりしたので任意整理で正解だったんだろうなぁ~と思ってます!(いまさら任意整理をやめる訳にもいかんしね。)

アホみたいな浪費で作った借金だが、出来れば楽して払いたくないのが本音です!

でも、こうやって毎月15万を支払えているので、『任意整理で正解』だったんだと思います。とくに食うことにも困らず、遊ぶ金にも困らず、普通に生活出来てます。笑

終わり!(長い間、多重債務から任意整理までの道のりの応援ありがとうございましたm(__)m)

借金が減らなくてお困りの方!今一度立ち止まり債務の専門家に相談いたしませんか?
匿名にて借金相談が出来ます!諦めるのも一つの英断やで!傷口は浅い方が完治も早い!
街角法律相談所

いつも応援ありがとうございます!
にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
上記のランキングバナーポチっとお願いします。

-多重債務から任意整理までの道のり

Copyright© 任意整理による、借金総額700万返済ブログ(第2章) , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

ツールバーへスキップ